新品同様にしよう

網戸をいつもきれいにしておく方法とは

網戸が汚れていると風の通りが悪くなる原因になりますので、こまめに掃除をすることが大切です。 網戸を外さなくても、日常の掃除に取り入れられる網戸掃除の方法があります。 まずは、ほこりを取り除きます。払い落とすか、掃除機で吸い取ると良いです。掃除機を使う場合は、掃除機を当てる側と反対側に、少ししっかりした台紙のようなものをあてておいてから掃除機をかけると、ほこりを吸い取りやすいです。その後に、軽く絞った雑巾を二枚用意して、網戸を両側から挟み込むような形で汚れをふき取ると、さらにきれいになります。 とても汚れがひどい場合は、網戸を外して洗う必要があります。ぬるま湯で溶かした中性洗剤をスポンジにつけて、軽くこすり洗いをします。最後は、水で全体を洗って乾かせば完了です。 この方法は、大変ですので、できるだけ日頃のお手入れをしておくことをお勧めします。 市販の超極細繊維のクロスを使用する方法もあります。少しの水だけで簡単に汚れが取れるので、毎日のお手入れも苦ではなくなります。繰り返して使えるものですので、大変便利です。

張替えは専門の業者にお任せする

網戸の張替えをしなければならない時期とは、どのような時なのでしょうか。 網戸のネットは、破れたり穴が開いたりしていれば、基本的には張替えをすることが望ましいです。虫よけのためにあるものですから、破れていては意味がありません。ネットが古くなってくると、たるんでくることもありますので、そのような時も張替えの目安になります。紫外線や気候の影響によって消耗する速度は違いますが、通常で5年から6年を目安にして張替えると良いです。 自分で張替えをしようとする人も増えているようですが、材料の調達や、張替える時間と体力、仕上がり具合のことを考えると、専門の業者に依頼する方が賢明でしょう。専門業者にお任せすると、確実にきれいに張替えてもらえるので、時間を無駄にすることなく効率的に張替えられてメリットがたくさんあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加