障子を張り替えよう

障子戸はあまり濡らさないこと

最近は、障子の張替えに便利な商品が出てきています。障子の張替え専用の両面テープを使えば、糊を使う必要はありません。しかし、せっかくなら昔ながらの方法で張替えたいものです。プラスチック製のものでなく障子紙、両面テープでなく糊を使って張替えたいと言う人も結構います。 張替えということは、障子紙を剥がさないといけません。手っ取り早いからと言う理由で、障子戸全体に水をかける人もいますが、それはやめた方がいいでしょう。乾燥すると沿ってしまう可能性が高いです。桟や枠は思いのほか劣化しやすいので、糊のついていないところはなるべく湿らせないことが基本になります。 こう言うことに注意して障子の張替えを行いましょう。

裏技と言うほどではありませんが

障子の張替えは一人で行うと、結構大変と感じるでしょう。特別な技術が必要ないとは言え、工程が結構多いので時間がかかるのです。しかし、苦労して張替えたのにしばらくするとシワが出てくることがあります。ガッカリすると思いますが、もう一度張替える必要はありません。シワが出た場合は、霧吹きを使って障子紙全体を少し濡らしましょう。その後、日陰で乾かせばシワがなくなります。 また、張替え中に桟を折ってしまうこともあるでしょう。しかし、焦ることはありません。木なのですから木工用ボンドで簡単に修復できます。接着したらバネクランプで挟むか、ビニール紐で縛って圧着しましょう。もし接着剤がはみ出たら、きれいに拭き取ることです。

このエントリーをはてなブックマークに追加